共用サーバーが不安だと感じている方は「VPS」サーバー


VPSサーバー

もし、あなたが共用レンタルサーバーでサイトを運営していた経験があって、
突然、サイトがアクセスしにくくなったり、
更新中に、動きが鈍くなって待った挙句ちゃんと更新できてなかったり、


などの共用サーバーならではの不満を感じていたなら、
自分のお店のサイトは、
いっそ、専用サーバーをレンタルしてみてはいかがでしょう?

root権限が与えられる専用サーバーは、他の人の影響を受けず(共用サーバに比べて)に安心してサイト運営が出来ます。

でも、その分個人レベルではコストが高かったり、専門の知識が必要であったりして、敷居が高いのも事実です。

個人事業者や小規模会社といえど(・・だからこそ)昨今はサイトはビジネスにおいて重要な位置づけとなっています。
他の利用者のために、アクセスがしずらくなってはせっかくのチャンスが台無しにですね。
あっという間に、他のサイトに移っていってしまいます。サイトがちゃんと表示するのを待ってはくれません。

そこで、自分のお店のサイトは、自分で作って管理したいというあなた。
共用サーバーなみのコストで専用サーバーなみの安心感が手に入る
「VPS」サーバーをご存知でしょうか?

VPSサーバーって何?


VPSサーバー

VPSサーバーとは、
バーチャル・プライベート・サーバ(Virtual private server)の略称で、 仮想レンタルサーバーとも言われます。
すなわち、
ひとつのサーバ内に、あたかも別のサーバーが存在するかのようにしたサービスのこと。
これによって管理者権限を必要とするソフトウェアのインストール等が可能になる。

例えば、
専用サーバーが一戸建てとすると、共用サーバーは1棟のマンション内の一部屋。
そして、VPSサーバーは、そのマンションのひとつの階をまるごと使える・・・ といったイメージ。


VPSサーバーのイメージは掴めましたでしょうか?
もう少しVPSサーバーのことを簡単に説明すると。

VPSサーバーのメリットべメリット


VPSサーバー

メリット

専用サーバーに比べると安く使える。
専用サーバーと同じようにに、権限者としてのroot権限が与えられているので、ある程度は 管理や変更が自由にできる。


デメリット

共用サーバーに比べるとコストがかかる。
まったくの初心者には、多少の専門的知識が必要な為、難しい。



安くて本格運用できるVPSサーバーを使いたいなら


さて、いかがでしょう?
コスト的にも共用サーバーよりかかるのはそうだろう。
メリットも分かった・・・でも、

共用レンタルからのステップアップを考えている人にとって
やっぱり不安なのが、専門的知識が少ないこと。

おいおい勉強するとしても、
その点をフォローしてくれる仕組みがあれば助かる・・・。
という方には、
ドメイン取得でおなじみのお名前.comの高性能VPS なら、

OS再起動やログ閲覧等のシステム管理から、
サブドメインやメールアドレス追加等は、

共用サーバーと同じ感覚で操作できる自社開発のコントロールパネル

を提供してくれています。
詳細はこちらから
お名前.comのVPS

VPSサーバーでサイトを作ろう!:最新記事

お名前.com VPSの基本スペック

■VPSの基本スペック公式HPより抜粋。(2011年10月時点情報)【設置場所】...

もう少し手軽に始めたい方は

(2011年10月時点情報) ■VPSサーバーをはじめるならもう少し手軽に・・・...